QRコード印刷手順(brother・ WindowsPC/iPhone)

iPhoneでの印字方法はทิศทางนี้

実際に現場でQRコードをかざす使用方法はทิศทางนี้

準備:ピータッチエディタのダウンロード&インストール(WIndowsPC)※

事前にbrotherのダウンロードサイトよりインストールしてください。

PCでの実際の印刷手順(例)です。

(1)管理ページのエクスポート画面を開いてください

(2)印刷する品番にチェック(複数チェック可能)して「QRプリンタ用CSV」をクリック

重要:QRプリンタする品番だけをチェックしてください。

※キーワードや在庫地などで絞り込んで、その状態で「全てをチェック」(例:営業所(大阪)で絞り込む)

どこかわかりやすい場所に保存して下さい。

(4)ピータッチエディタ(P-touch Editor5.2)を起動して「新規/開く」

(5)「新しいレイアウト」をクリックして「→」をクリック

(6)先ほど保存したファイルを選択して「次へ」

(7)URLのヘッダーをデザイン部分へドラッグして「バーコード」をクリック

(8)規格タブの「QRコード」を選択して「OK」

(9)印刷したい項目をドラッグ→「テキスト」

(10)印刷(※まず1枚だけ印刷してみてください)

※保存するファイル名を決めて、その名前で上書き保存していく・・・という方法がいいかもしれません。

iPhoneでQRコードを印刷する場合

BlueToothを利用して印刷することができます。但し、iPhone単体で作るのはとても煩雑なので、Windows版で作り、その「保存データをメールで送る」という方法をお薦めいたします。

iPhoneでの必要アプリ(必須)

·Okabeの最新版

·MobileTransfer Express

·Brother iPrint&Label

Windows版P-touch Editorにて印刷するファイルを保存し、そのファイルをiPhoneのメールに添付ファイルで送ってください。

注意:まず迷惑フォルダに入ります。第三者からのウィルスファイルの場合がありえますので、送信者と受信者は必ず事前に相互確認をとってください。
さらに注意:拡張子がlbxです。

(1)メールの添付ファイルをタップ→「その他」

(2)iPrint&Labelにコピーをタップ(ついでに+をタップして表に出してください。)

(3)印刷

現場でのQRコード読み取り方法

(XNUMX)「Okabe-Machine」เปิด

(2)QRコードを読み取り

(3)カメラ越しにデータが読めます。

・そこから品番詳細ページ・編集ページ(社内用)へジャンプできます。

(4)「日付」や「管理番号」「手書き」などを入れて撮影できます。