沿革

弊社は、1952年8月岡山市において、「機械を作る機械」マザーマシンと言われる工作機械の専門商社として、故岡部直祐が創業し、1963年12月資本金800万円にて岡部機械株式会社を設立致しました。
 その後わが国の高度経済成長に伴い、社勢の拡大を目的に1968年12月資本金を1,200万円に、1970年11月本社を現地に移転するとともに資本金を1,800万円に、1985年11月に資本金を2,500万円に増額致しました。

 1975年9月より、東大阪市の機械団地内に大阪営業所を開設し、同業者間の情報をいち早くキャッチして健全な発展の道を歩み続けてきました。

 社業の拡大に伴い社屋が手狭になり、1979年11月本社ビル建設と機械展示場1,700㎡(515坪)の増設をし、さらに1991年岡山市吉備津に機械展示場用地として3,700㎡(1,121坪)を取得、
1992年2月に機械展示場を完成させ、2007年8月に増築し2,118㎡(641坪)となり本社と併せ西日本随一と言われる機械展示場となりました。

 小は卓上ボール盤から大は100数トンもある大型機械まで常時五百数十台の各種工作機械鍛圧機械を在庫しております。
また、大阪営業所も2002年4月に隣接地の店舗488㎡(150坪)を買収し、また、2008年6月に近くの倉庫920m(2 278坪)を買収し、展示場を1,320㎡(400坪)に拡大致しました。

 そして2018年1月には、関東東北エリアの顧客ニーズに対応すべく茨城県坂東市に敷地面積15,567㎡(4,717坪)展示場2棟3,289㎡(996坪)の関東営業所を開設いたしました。

 創業以来誠実をモットーに地場産業と密着し、国内および海外の優秀でかつ実用的な工作機械・機器および鍛圧機械のハードおよびソフトの総合商社として、少数精鋭主義のもとに社長以下全社員がお得意様にも仕入先様にも親しまれ愛されるよう努力し、常に社会の実情に即した健全なる営業方針のもとに機械設備の提供を通じ、社会に貢献しております。

 さらに「我社の納入機は我社で修理」をモットーに、サービス・修理・改造が目的の別会社・株式会社オカベテックを有し迅速なサービスに努力しており、お得意様に喜ばれております。

 販売先は、国内は言うに及ばずアメリカ・ヨーロッパ・オーストラリア・中国・台湾・韓国・タイ・ASEAN諸国へ直接および間接に輸出も行っております。